30年落ちの車でも買取は可能です

車買取一括査定ガイドは車下取りで損しない必読情報です

30年落ちの車は買取可能?


車買取のなかで、長年愛用した車を買取に出すという場合も多くあり、走行距離や年式が平均以上でも高く買取を行っている業者も多くあります。
そのなかで、30年落ちという非常に長い間使用されていた車の買取もおこなっている業者もあります

 

 

現代の車事情では、約3年サイクルでの買い替えが主流となっているため、モデルによっては5年、あるいは10年ほどでその価値を大きく下げてしまうものもあります。

当時人気を博していて中古市場に大量に並ぶモデルがその典型で、車としてはまだまだ実用性がある一方で、買取金額は非常に制限されているのが現状です。
一方で、30年落ちという車は中古車という扱いではなく、旧車の区分に入れることができます。

走らせることも可能ではありますが、ほとんど観賞用というものになります。
そのため絶版となり現代でも名の知られたモデルであれば、30年落ちの車でも高額の値段で買取をおこなう業者も少なくありません。

 

また車買取を依頼する業者も、中古車を扱うところではなく、主に旧車を扱っているお店に相談すると値段が付く可能性が大きく増します。
また、旧車のエンジンをオーバーホールしたり部品の交換用に買取を行うレストア対象車として買取をおこなう業者もあり、その場合でも30年落ちの車に値段がつくこともあります。

 

車買取で失敗しない為の情報まとめ

↓  ↓  ↓  ↓

車買取前に読む必読情報

 

 

タグ : 

車買取額を高くするポイント

この記事に関連する記事一覧