10年以上の車でも買取は可能です

車買取一括査定ガイドは車下取りで損しない必読情報です

10年以上の車の買取額


車買取をしてもらいたいときに、新車でも購入から10年以上経過したものは難しいということが言われがちですが、実はそんなことはありません
確かに査定段階では、10年以上経過した車と10年未満の車を比較すれば、10年未満がいいことは確かです。

中古車を買う立場で考えてみれば、10年を超えているというだけで、いかにも中古というイメージになってしまうからです。

 

でも、買取価値というのは年数経過だけでなくて、車自体の価値がどのくらいあるかということがポイントですから、年数だけにこだわらなくてもいいのです。
走行距離がそれほど多くないとか、車両の整備や手入れがきちんと行われているとか、傷が少なく、大きなへこみや補修の跡がないとかも、価値のポイントになります。

 

また、バッテリーの状態とか、その他の車を動かすことに係わる部品や系統の具合がどうであるかも影響してきます。
車検は誰しもが受けなければなりませんが、車検以外で1年点検とか半年点検などを、こまめに販売ディーラーなどに依頼し、その状況が記録されているなども影響します。

 

細かい話ですが、次の車検までに期間が1年以上かどうかなども判定のポイントになることもあります。
いずれにしても、自分勝手に値踏みしないで、車買取の専門業者に実物を見せて、相談しておくことが大事になります

 

車買取で失敗しない為の情報まとめ

↓  ↓  ↓  ↓

車買取前に読む必読情報

 

 

 

タグ : 

車買取額を高くするポイント

この記事に関連する記事一覧