車査定の天気は重要です

車買取一括査定ガイドは車下取りで損しない必読情報です

車査定の天気は重要


車買取の査定をする前は、少しでも良い状態に見せるために、念入りに洗車をするでしょう。

 
汚れ一つない状態に綺麗に洗い、ワックスを掛けてピカピカにするモノです。
それほど念入りに洗車をしたのに、査定当日の天気が悪いと残念な気持ちになるかもしれません。

 
雨が降って車体が濡れてしまったら、せっかくの苦労が台無しになってしまい、査定にもマイナスに響くと思うかもしれません。

 
しかし、車買取の査定においては、晴れよりも天気が悪い方が有利になることもあります
特に曇り空で暗い一日だと、査定価格がアップする可能性もあります

 
車買取の査定で天気が悪いと良いのは、曇りだと細かい傷が見えにくくなるからです。
晴れて明るい日射しが差し込む中で査定をすると、車体の状態が良く見えます。
そのため、普段だと気付かないような細かい傷が見えてしまい、査定価格がマイナスになるのです。

 
しかし、曇り空だと外でも暗い中で車買取の査定は行なわれますから、細かい傷は見えにくくなります。
なので、本来なら減額される傷を査定員が見逃してしまい、車買取の価格がアップするのです。
車買取では天気が悪いほど有利になりやすいですから、査定当日が曇りになるのは大歓迎できます。

 

車買取で失敗しない為の情報まとめ

↓  ↓  ↓  ↓

車買取前に読む必読情報

 

 

タグ : 

車買取額を高くするポイント

この記事に関連する記事一覧