付属品は車査定の対象になります

車買取一括査定ガイドは車下取りで損しない必読情報です

付属品は忘れずに


車買取りの場合、新車を購入した際に付いていた付属品なども忘れないようにしましょう

 

たとえば、車の取り扱い説明書です。

メンテナンスの仕方や、様々なトラブルに対処法など大切な書類です。

普段あまり見る機会がなかったかもしれませんが、初めてその車を購入する方にとっては非常に大切なものです。

 

また、整備手帳も重要です。

その車がどのようにメンテナンスを行ってきたかを知ることができる唯一の書類となります。

ディーラー以外で整備を行った場合でも、一緒に合わせて保存しておくと良いでしょう。

 

また、ナビゲーションやオーディオなどの説明書も大切です。

説明書がないと、使い方がわからないということもありますので、捨てないでダッシュボードの中に入れてしまっておくと良いでしょう。

 

これらの付属品があるかないかで、車買取の価格が大きく変わることはないかもしれませんが、査定対象になります。

その他、スタッドレスタイヤなどを持っている場合は、車買取の際に、一緒に引き取ってもらうこともできますが、車買取の価格にほとんど反映されることがないので、タイヤの買取店で買い取ってもらったり、オークションに出品するのも手です。

 

車買取で失敗しない為の情報まとめ

↓  ↓  ↓  ↓

車買取前に読む必読情報

 

 

タグ : 

車買取額を高くするポイント

この記事に関連する記事一覧