キズ凹みが車査定に及ぼす影響について

車買取一括査定ガイドは車下取りで損しない必読情報です

キズ凹みが及ぼす影響


車を乗り続けていると、いつのまにかキズや凹みを作ってしまうものです。

見た目が悪いので修理したほうが良いのですが、修理すると結構な費用がかかるために、そのまま我慢して乗り続けている人も多いことでしょう。

キズ凹みがあっても走行には全く支障がないので、本人が気にしなければ問題はないわけです。

 

しかし、車買取の際には、そういうわけにもいきません。

当然、キズ凹みがあると、マイナス査定の対象となり、車査定の際には、きっちりチェックされます

 

では、少しでも車買取価格を高くするために、査定の前にキズ凹みを修理しておいたほうが良いのでしょうか。

もちろん、キズ凹みがあるよりは、ないほうが査定額は高くなります。

 

しかし、その修理費用もばかにならないわけですから、ポイントとなってくるのは、その修理にかかった費用よりも査定額がアップする分の金額のほうが高くなければならないということです。

 

実際のところ、修理代にかかった費用に比べて、査定額がアップする金額は少ないというのが一般的です。

というのは、中古車業者は多少のキズ凹みがあっても、現状のまま販売したり、自分たちで安く修理することができるからです。

そのためキズ凹みは修理しないで、そのまま車査定してもらったほうがお得というのが結論です

 

車買取で失敗しない為の情報まとめ

↓  ↓  ↓  ↓

車買取前に読む必読情報

 

 

タグ :  

車買取額を高くするポイント

この記事に関連する記事一覧