車売却の手続きと準備について

車買取一括査定ガイドは車下取りで損しない必読情報です

車売却の手続き


車買取の業者に売却する際、一連の手続きとして自動車検査証と自賠責保険証明書、納税証明書が必要になり、普通自動車の場合は、これらの書類に加えて発行後1ヶ月以内の印鑑登録証明書と実印、軽自動車の場合は認印が必要になります。

 
また、自動車検査証と印鑑登録証明書の住所や氏名が異なる場合は、住民票や戸籍謄本など別途必要になり、住所変更を複数回経た場合は戸籍の附票や住民票の除票などが必要になる場合があるので、車買取業者の指示に従って必要書類を揃えるのですが、原則住所変更や氏名などの変更があった場合は、15日以内に変更手続きを行う必要があります。

 
必要書類を紛失した場合、自動車検査証は管轄する陸運支局や軽自動車協会で手続きを行うと再発行ができ、自賠責保険証明書は加入している保険会社で手続きを行うと再発行ができ、納税証明書は各都道府県の税事務所や市区町村の役所で手続きを行うと再発行ができますが、再発行には申請書類代と手数料が必要になる物もあります。

 
車買取の業者側では、普通自動車の場合は委任状と譲渡証明書の書類を作成し、軽自動車の場合は自動車検査証記入申請書を作成し、全ての書類が揃った段階で手続きを行い、不備が無ければ車を売却する際の手続きは終了となります。

 

車買取で失敗しない為の情報まとめ

↓  ↓  ↓  ↓

車買取前に読む必読情報

 

 

タグ : 

車買取の基礎知識

この記事に関連する記事一覧