車下取りと車買取の価格の違い

車買取一括査定ガイドは車下取りで損しない必読情報です

車下取りと車買取りの違い


車下取りと車買取りには価格の明確な違いがあり、それぞれメリットとデメリットがあるので、車を売却する際は、それぞれの特徴を把握して検討してから売るようにします

 

車下取りは、車を買い換える際、車を購入する販売店に今乗っている車を売り、新しく購入する車の代金の一部に充てる方法で、各社が用意する下取り基本価格をベースに、車の傷などを減額して下取り価格を決定します。
新しく購入する車の値引きができない分を下取りで補填してくれる場合もあり、古い車種や人気の無い車でも一定の値段を付け、新しく購入する車の納車と同時に引き渡せるので、代車を準備する必要がないというメリットがありますが、他の車買取業者で高額査定された場合、下取り額の変動はほぼ無いというデメリットがあります。

 

車買取りは、車買取一括査定サイトを使い車買取専門店などに今乗っている車を売却する方法で、買取り価格は中古車業者間のオークション相場などをベースに、車の傷などを減額して査定されます。
装備品やオプションなども評価対象で、社外部品が装着されている場合もプラス評価となり、自宅まで無料で出張査定してくれるというメリットがありますが、相場変動に敏感のために売却するタイミングが必要になる事と、悪徳業者が多いので注意しなければならないというデメリットがあります。

 

車買取で失敗しない為の情報まとめ

↓  ↓  ↓  ↓

車買取前に読む必読情報

 

 

 

タグ : 

車買取の基礎知識

この記事に関連する記事一覧