走行距離が車の買取価格を決めます

車買取一括査定ガイドは車下取りで損しない必読情報です

走行距離と車の買取価格


車買取で覚えておきたいことの一つは、買取価格の基準の中に、走行距離があるということです

 
この項目が全ての基準ではありませんが、価格を決める重要な要素の一つになる事は間違いないので、この点を覚えておいてください。

 
では、どのように走行距離が車の買取価格を決めるのでしょうか。
それは、距離が長いか短いかによって決まります。
走行距離が短ければそれだけ買取価格が高くなりますが、距離が長ければそれだけ買取価格が低くなります。

これ以外の項目が価格に関係してくることはすでに述べましたが、とりあえず走行距離に関していえば、短いか長いか、それが価格に影響します。

 
したがって、中古車をなるべく高く売りたいと思う人は、走行距離が長くならないうちに売ったほうがいいでしょう。
距離が長くても高値がつくこともありますが、それ以外の要素も評価が低ければ、買取価格はより低いものとなってしまいます。
もちろん、走行距離が長くても、それ以外の要素で評価が高ければ、その分で金額を盛り返すことができることはいうまでもありません。

 
ちなみに、走行距離がどんなに短くても、致命的な欠陥がある場合や、事故車などについては、否が応でも価格は下がります。

 

車買取で失敗しない為の情報まとめ

↓  ↓  ↓  ↓

車買取前に読む必読情報

 

 

 

タグ :

車買取の基礎知識

この記事に関連する記事一覧