装飾品が純正品か社外品かチェックされます

車買取一括査定ガイドは車下取りで損しない必読情報です

装飾品でチェックされる部分


車買取では、車に取り付けたさまざまな装飾品も査定の対象になります。
では、具体的にどんなパーツがチェックされるのでしょうか。
それはまず、取り付けられた装飾品が、純正か社外品かという点です
純正とは、その車を製造したメーカーが出している装飾品のことで、社外品というのは、その車を製造したメーカー以外のメーカーが、その車のために作った装飾品のことです。
この純正か社外品かという点は、車買取で必ず査定される部分ですので、ぜひ覚えておいてください。
では、純正と社外品ではどちらが高く買い取りされるのでしょうか。
この点はとても気になるところですが、結論からいえば、社外品より純正のほうが高く買取りされます
物によって、状態によって値段は変わりますが、似たような機能をもつパーツでなおかつ年式や状態が同じであれば、まず純正品のほうが高く買取されます。
これはどうしてかというと、純正のほうが、その車に適したパーツが作れるという点で信頼性があるからです。
実際には社外品でも十分に機能させられるのですが、査定での評価では純正品が信頼が高く、社外品はそれより落ちる形になります。
したがって車を高く売りたいと思うなら、装飾品は純正品を揃えておいたほうがいいでしょう

 

車買取で失敗しない為の情報まとめ

↓  ↓  ↓  ↓

車買取前に読む必読情報

 

 

タグ : 

車買取の基礎知識

この記事に関連する記事一覧