ディーラー下取りのメリット

車買取一括査定ガイドは車下取りで損しない必読情報です

ディーラー下取りのメリットとデメリットとは?


ディーラー下取りには、メリットもあればデメリットもあります

 

ディーラー下取りのメリットは、車買取に比べて手間が少ないことです
新車に買い替える場合、購入するディーラーでこれまでの愛車を引き取ってくれるので、購入と同時に下取りの手続きができます。
また、引き取りと新車の購入を同じタイミングにしてくれるので、車を使えない空白期間が生まれないのもメリットです。
他にもディーラー下取りには、新車の値引き交渉がしやすくなるなど、様々なメリットがあります。

 

ディーラー下取りのデメリットは、車買取より下取り額が低くなることです
場合によっては、数十万円も下取り額に差がでることもあるので、損をする可能性が高いのはデメリットです。
また、下取り額が低くなることと似たデメリットとして、査定額を比較できないところも挙げられます。
車買取では、別の業者と査定額を比較しながら、一番高く売れる業者を選べるメリットがあります。
しかし、ディーラー下取りは基本的に、新車を購入するディーラーの下取り額しか調べることができません。
そのため、ディーラー下取りの金額が適正価格か分かりづらいですし、下取り額が低くなるデメリットにも繋がっています。

 

車買取で失敗しない為の情報まとめ

↓  ↓  ↓  ↓

車買取前に読む必読情報

 

 

 

タグ :  

車買取の基礎知識

この記事に関連する記事一覧